施設長あいさつ

施設長あいさつ





そうび苑
施設長 山 田   寿



 平成31年4月1日付けでそうび苑施設長に就任いたしました山田でございます。
 そうび苑は平成10年11月に開設して20年が過ぎました。開設してからこれまで数多くのご利用者様やご家族様をはじめ、各関係機関様、そして地域住民の皆様の温かいご支援とご協力をいただきながら成長してまいりました。

 法人理念でもある「医療・介護・保健・生活・福祉の一体化」を目指して刀圭会グループ全体で地域の皆様が安全に安心して暮らしていけるよう取り組んでいきます。
これからも愛され、信頼される施設として成長していけるよう職員全員が力を合わせて努力していきたいと思いますので、今後ともご指導、ご鞭撻を賜りますようよろしくお願い致します。


社会福祉法人 刀圭会 基本理念

「医療・介護・保健・生活・福祉の一体化」
~安心、安全、安らぎを提供できるグループを目指して~


そうび苑倫理綱領

一. 施設の使命
 そうび苑は、地域社会の支持を受けて、高齢者が地域で安心して生活を送ることができる拠点施設となることを使命とします。

一. 公平・公正な施設運営の遵守
 私たちは、高齢者の生活と人権を擁護するため、自己点検を強化し、公平・公正な開かれた施設運営に努めます。

一. 利用者の生活の質の向上
 私たちは、利用者一人ひとりのニ-ズと意思を尊重し、可能性の実現と生活の質の向上に努めます。

一. 従事者の資質・専門性の向上
 私たちは、常に誠意をもって質の高いサ-ビスが提供できるよう、研修・研究に励み、専門性の向上に努めます。

一. 地域福祉の向上
 私たちは、地域社会の一員としての自覚を持ち、保健・医療等関連分野との連携を強化し、地域福祉の向上に努めます。


私達職員は、基本理念・そうび苑倫理綱領に沿い行動し、利用者様、ご家族様、地域の皆様が安心で安全で安らぎを持てるよう努力して参ります。