看護師の声

一般病棟 准看護師 渡辺 仁美

新卒勤務1年を迎えて・・・

私が協立病院に就職し1年が経ちました。
1年目で不慣れなことも多く毎日業務に追われる日々でしたが、わからないことや困っていることはプリセプターをはじめとした先輩看護師がどんな時でもフォローし、いつも優しく指導してくださいました。
この1年は本当に一瞬に過ぎ、私にとって非常に多くのことを学び経験することができました。
毎日の業務の中で日々1人出来ることが増え、看護師としての仕事のやりがいを感じる一方で責任の重さを学び、自分が行う1つ1つの行動に責任をもち、自分で判断することの難しさを感じました
少しでも不安があることは事前に確認してから行わなければ患者さんを危険な目にあわせてしまう可能性があるため、実施する前には必ず確認してから行うよう心がけています。
今後もわからないことを確実に克服していき、患者さんのニーズに沿った看護ができるよう努力していきたいと思います。

一般病棟 介護員 藤井 あずさ

介護員として入職して・・・

私は介護職の経験をした事が無く入職しました。
なので、最初の内は何をしていいのか分からず、戸惑う事ばかりでした。
分からない事だらけで本音を言えば仕事が向いてないのではないかと思うこともありました。
ですが、分からない事は先輩方にどんどん聞く様にし、教えて頂いた様に実践して上手くいったりすると、だんだんと仕事が楽しくなってきました。
また、ありきたりではありますが患者さんから「ありがとう」と言われるのはすごく嬉しいです。感謝をされる時が、もっと喜んでもらえるように頑張ろうと思う瞬間です。
まだまだ知識・技術と覚えなければいけない事はたくさんありますが、たくさんの事を学びながら仕事をしていきたいです。

一般病棟 看護師 倉部 雅美

保育所を利用し子育てしながらの勤務・・・

育児休暇を終え職場復帰すると同時に1歳になる子供を(地域型事業所内保育施設)ひなたぼっこ保育園に預けるようになってから半年が経ちました。
はじめはまだ1歳・・・小さい子供を保育園に預けて仕事をすることに不安や心配が大きく勤務中もふと大丈夫かなと考えることが多かったのですが、そんな不安や心配は1ヶ月も経たないうちになくなりました。
それは、ひなたぼっこ保育園は子供の人数に対し、先生の人数が多いため子供との関わりが密であることや、体調の変化にも対応してもらえる看護師が常駐しているので安心です。
そしてなにより1番の楽しみは仕事が終わり、家に帰ってから「連絡ノート」を見ることです。保育園で今日は何をしてどこの公園に遊びに行って、子供がどんな反応をしていたのか等、保育園での様子を詳しく書いてくれているので、クスッと笑ってみることが多いです。心配なことや困ったエピソードを書くと先生がお返事をくれるところもとても助かっています。
このようなアットホームな保育園なので安心して子供を預けながら仕事をすることができています。

回復期リハ病棟 介護員 手塚 桂

介護員として入職して・・・

以前していた仕事を辞めたいと考えていた時に介護員の募集を見つけ、介護員の仕事は初めてでしたが、周りにも介護士をしている人も多く興味があったこともあり、「体力があればどうにかなる」と考え働かせていただくことになりました。
はじめは入浴介助を中心に働くことになりましたが、何もないゼロからのスタートで、右も左もわからず戸惑う事も多かったです。でも、周りの方々に教えていただくことで、少しずつ出来ることが増え、学ぶ事・経験する事で知識や患者様との関わりが増えていく事に嬉しさや楽しさを感じることが出来ています。
まだまだ学ぶ事は沢山ありますが、よりよいケアが患者様に出来るように精一杯頑張っていきたいと思います。そして家族に協力してもらいながら長く働き、経験をつんで介護福祉士として働けるようになれたらいいなと思っています。